講師プロフィール

公家千彰フラメンコスタジオchurros

090-6028-2039

〒142-0063 東京都品川区荏原1-2-10
ミツミネハウス1F

営業時間:12:30〜21:30

lv

講師プロフィール

フラメンコ教室講師紹介

公家 千彰
CHIAKI KUGE

生まれ
10月2日
血液型
O型
好きな食べ物
美味しいグリーンカレーと美味しい和牛。と桃。
好きな本
「アンネの日記」と「アルケミスト」
好きな映画
「ブラックレイン」と「パイレーツオブカリビアン」
好きな音楽
あえてひとつだけ選ぶと古いアルゼンチンタンゴ
趣味
地図を観ること、料理の新しいレシピに挑戦すること、ニャンコと遊ぶこと、が趣味です。
普通ですね。面白い趣味を作りたいです。
フラメンコとの出会い
img_0122

高校生1年生の時、画家さんから「君はスペインの娘みたいだ」と言われたことが発端でした。

「スペイン」というキーワードだけが頭を駆け巡り、高校生2年生の時に聴いたジプシーキングスの音楽にハマります。
高校生時代はダンス部に所属しており、『ジョビジョバ』でダンスを雰囲気で創作し、大学時代にスペイン語を学び始めてスペインへ行きました。
そこで本場のフラメンコに魅了され、次の週にフラメンコ教室を探して入門することとなります。

お客様へのメッセージ
伝えたい想い・吐き出したい気持ちを表現できる自分になりませんか?

フラメンコを学びはじめてから、様々なひとや出来事に出会い、日々がドラマチックに展開し、素晴らしく感動的な瞬間を観たり感じたりすることが増えました。
感動的な瞬間をむかえたとき、私は精神が浄化されます。
この作用によって、度々心持ちを改める覚悟に至ります。
フラメンコは、唄やリズムとともに様々な感情表現をしていくものです。
汗をかいてスッキリした、というよりも感情の高まり、絡み合い、吐き出しによってスッキリするのだと私は感じています。

フラメンコイベント風景
フラメンコダンスイベント風景
自分のありのままを伝えることはできますか?自分を愛せていますか?

日々の生活でも、自分のありのままを伝えてコミュニケーションできた時、何ともいえない幸せを感じます。

しかし "ありのままの自分を伝える" ということは意外と難しいのです。
普段の生活でも、フラメンコの舞台でも、自分の気持ちがカラッポの時は伝えることが無い、気持ちがあっても上手く伝わらないこともあります。
自分を知って、自分を愛することで、自分に厳しくなれます。

カラッポになったとき、自分との闘いに問答する中で人に伝えたいことが生まれてきます。
人生のあらゆる局面で色々な気持ちになるその全てが何ものにも変えがたい財産といえるでしょう。
辛いとき、幸せなとき、その味わった感情は深ければ深いほど何かを突き動かすチカラがあります。踊りは祈りだと思います。
私はそんな気持ちで日々スタジオに立っています。

レッスンでは、講師として全力でフラメンコの魅力をお伝えしていきます。
生徒さん一人一人の目標や夢を共有して、とことん付き合います。フラメンコ教室のスタジオで一緒に基礎から楽しみましょう。

略歴

1994年 フラメンコ舞踊を講師 大塚千津子に師事

1999~2001年 渡西留学
ミラグロス・メンヒバル、ラロ・テハダ、他十数名のアルティスタに師事
パリージョ(カスタネット)をセビリアのカスタヌェラデルスール社、ホセ・エルナンデスに師事

2009年 独立
フラメンコクラス『CHURROS☆』を立ち上げる
同年、初リサイタル『処女航海』を行う

2010年 『churros発表会vol.1』主催

2011年 『スタジオchurros☆』を東京 目黒不動前にオープン

2012年 『生徒ソロライブ公演』スタート

2014年 長嶺ヤス子に師事

2016年 『長嶺ヤス子の血脈 卑弥呼流 公家千彰』に挑戦
講師 長嶺氏直伝の振付を披露

東京近郊でリサイタル公演、生徒発表会、等定期的に主催
その他多数コンサート、ライブ、イベントに参加
平井堅等レコーディングにカスタネットでの参加経験あり
クラシック、ジャズ、ロック等他ジャンルとのコラボ企画にも精力的に参加し、カスタネットの可能性を追求

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ

営業時間:12:30〜21:30
定休日:木曜日

090-6028-2039
フラメンコスタジオ風景

TOP